駐車場高さ

駐車場での事故に関する問題 

車が動いていればそこには事故のリスクがあります。特に駐車場というのは非常に問題が起きやすい場所であり、駐車中にぶつけられた場合には相手を特定することも難しく、怒りの矛先はどうしても管理者側に向けられることが多いのです。そのため、多くはここで発生したトラブルについては一切責任を負いませんという表示が掲げられていることが多いのです。駐車場には特に監視カメラの設置もなく、何かがあっても責任はとれませんよと公示しておくことが管理側の対策となっています。そのためそのような公示のある場所では店側に詰め寄っても対応は得られません。

駐車場で事故を起こした時は 

道路交通法が適用されない駐車場では、運転免許を持っていない人でも車を運転することが出来るため、物損事故を起こしても警察に届け出る必要はありません。だからといって、すぐにその場を離れてしまうと「当て逃げ」と呼ばれる重大な犯罪が成立します。当て逃げは、「1年以下の懲役または10万円以下の罰金」に処せられるとともに、「違反点数5点」も加算されます。万一駐車場で物損事故を起こしてしまった際は、すぐに管理会社に連絡して指示を仰ぎましょう。また、ぶつけた対象が車の場合は、絶対にその場を離れず車の持ち主が戻ってくるのを待ちましょう。

駐車スペースに関する情報

© Copyright 駐車場の高さ制限に関して. All rights reserved.